2009年03月05日

演歌カラオケ上達のコツ

カラオケが上手くなりたい!上達したいと思う人は多いようです。
演歌にしろJポップスにしろカラオケを上達するにはやはり、そ
れは唄い続けることが大切だと思います。でも、演歌カラオケを
上達させるにはただ唄えばいいというものではありません。やは
り上手くなるにはそれなりのコツというものがあります。今回は
演歌カラが上達するコツについてお話をさせていただきます。
これは、先ほども言いましたが演歌だけではなくJポップスでも
同様で一つの歌に絞って、毎日練習することが大切だと思います。
たとえ複数の曲を変えて練習する場合でも、一つは毎回同じもの
を必ず入れておく必要があると思います。これはいわゆる課題曲
です。なぜそのような必要があるのか?課題曲を一つ決めて徹底
的に練習することで、コツを掴み自分の歌い方の基礎ができてく
るからです。これを木に例えると幹の部分となります。太くて
丈夫な幹を作り上げれば、どんな歌でもその応用が効くからです。
よく次から次へと、新曲と乗り換える方が見えますが、基礎であ
る幹がしっかりした方なら、新曲でもすぐに、上手く歌えること
ができます。しかし、そうでない方は、前の曲が上達しないまま
次に移るわけですのでまた最初からと言う感じになってしまいます。
新曲を覚えるのはもちろんいいと思います。しかし、上達をした
いなら、自分の決めた課題曲を必ず入れておくといいと思います。
まずは、課題曲でウォーミングアップをするというのも良い一つ
の方法です。
posted by 演歌カラオケ at 01:55| 演歌のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

演歌を上手く歌うテクニック

あなたは演歌はお好きですか?日本人といえば、やはり演歌ではない
でしょうか?もちろんポップスも良いところがたくさんありますが、
でも例えば会社の上司と飲みにいってカラオケとなると、大体上司は
年配の方が多いですよね。となると上司のウケを狙うには、やはり
演歌は歌えるようにしておかないといけないと思います。レパートリー
は最低でも5曲・・いやもっとかなぁ?できれば多いほうが良いですね。
もちろんできれば上手に歌えるようにね。演歌を上手に歌うための
テクニックとしては、こぶしを上手く使うなどがありますが、ビブラート
もぜひともマスターしておきたい歌唱のテクニックです。なぜならいわゆる
「こぶし」は演歌特有のテクニックではありますが、ビブラートは
ジャンルを問わずに全ての曲に応用できるので、決して覚えても
損のない方法だと思います。
タグ:演歌
posted by 演歌カラオケ at 07:35| 演歌のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

腹式呼吸で唄おう

ご存知ですか?人間の呼吸の方法には、胸式呼吸とそれと腹式呼吸の
2種類の方法がある事を?意外とこの言葉は耳にしたり見たりするので
ご存知かも知れませんね。でも、じゃあどういう違いがあるのと、質問
されたら、たぶん上手く説明できないかも知れませんね。では私が少し
これについて少しウンチクをしましょう(笑)さて、胸式(きょうしき)
というのは私たちが普段私たちが息をしている時のやり方です。
大きく息を吸い込む深呼吸はまさしくそうですね。そしてもう一つの
腹式呼吸は、これは私たちが安静時など寝ている時などのには、この
呼吸法で息をしています。腹式呼吸は安静時でなくても意識して行う
ことができます。なので、カラオケなどで歌場合には、腹式呼吸で
発声した方が歌唱力はよくなります。
posted by 演歌カラオケ at 19:09| 演歌のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

演歌音痴を治す

私の場合は演歌カラオケが趣味なので、もちろん大好きですが、でも
人によってはカラオケが好きではないという方も見えますね。

でも、歌う事が本当に嫌いなのか?というとそうではないようです。

ただ、みんなの前で歌うのがいやだから。その理由を聞くと
「自分は音痴だから」「笑われるのが嫌だから」または
「自分の下手な他人はどう思うのだろうか?と不安で」という理由が
有るようです。

なので、何かと理由を考えてはそういった誘いや、話は避けてしまう
方もいるようですね。

私には考えられませんけどね。では、カラオケを上達させて見返し
たいと思いませんか?

カラオケなんて、練習すれば上達するものなのですよ。本当に・・・

音痴を直すそれにはまず何が悪いのかを知る必要があります。例えば
音程が外れてしまうとか、リズムが走ってしまうとか。

こんな方でも練習を知れば音痴は克服することも出来ない訳ではあり
ません。でも、それには継続して練習することがとても大切ですよ。

なぜ、こんな事を私は偉そうにいえるのか?それはね。みんなには
内緒ですけど実は、私も人から笑われるほど音痴だったからです。

でも、練習で見事克服する事ができました。

いまでは、その笑った人より上手く歌えてモテていますよ。
笑った人を見返したその時は気持ちの良いこと、良いこと(笑)

なので、あなたも是非、頑張ってください。
posted by 演歌カラオケ at 16:36| 演歌のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

演歌カラオケ上達のコツ

演歌カラオケが上達させるには、やはり歌うことの基本を身に
付けることが大切だと思います。

その基本を身に付けるにはカラオケ教室などに通えば一番いいと
思いますが、それには何と言ってもお金が掛かってしまいますね。

なるべく費用をかけずに演歌カラオケを上達させるには、何か
良い方法が無いのでしょうか?

私がインターネットで探していたら、いいものが見つかりました。

それは、タイトーみんなのカラオケと言うサイトの

みんなのボーカル講座 基礎編です。

全国に1教室をもつUSボーカル教室が全6回のシリーズで
プロのインストラクターが動画による発声練習を教えてくれます。

あなたのカラオケ上達にぜひ、お試し下さい。
posted by 演歌カラオケ at 01:04| 演歌のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。